印刷方法や用紙にこだわる|チラシ印刷を工夫して印象に残る宣伝を

用途に応じて使い分けよう

圧着ハガキは、スタンダードなV型、情報量を多く記載できるZ型、返信用はがきを送るときに使われるL型の3種類に分けられます。用途に応じて使い分けることが出来るため、印刷を依頼する場合には、事前に目的をはっきりさせておきましょう。

印刷におけるオプション

ウーマン

ロットの大きさと頻度

チラシ印刷を業者に依頼するときには大まかには二種類の印刷方法を選ぶことができます。一つは版を作った上で印刷を行うオフセット印刷であり、もう一つはパソコンなどに入れられたデータから直接印刷を行うオンデマンド印刷です。業者にチラシ印刷を依頼してみるとどちらを選ぶかを聞かれる場合もあれば、片方しか扱っていなくて自動的に決まってしまう場合もあるので注意しましょう。オフセット印刷は版をまず作成した上で印刷機により印刷を行う仕組みで行われます。版を作成することによって美しい仕上がりになりやすく、印刷ミスも少なくなるのが特徴です。しかし、版を作るのに費用がかかるため、小ロットでの印刷には費用面からは向いていません。チラシ印刷では大量印刷を行って広く配布することが多いため、費用面から見ても優れている場合が多いのがオフセット印刷です。版を作ってしまえば、それを使って何度でも印刷できるため、繰り返し同じチラシ印刷をするなら費用面のデメリットも緩和されていきます。一方、オンデマンド印刷は比較的新しい技術であり、データを直接印刷機に送って印刷を行うのが特徴です。版を作る費用がかからないので小ロットでも安く印刷を行うことができます。一枚だけの印刷も行いやすいのでサンプル確認を行える点で優れているのがオンデマンド印刷です。チラシ印刷を小ロットで行いたいときには費用面で助けになる方法であり、品質も着実に向上してきています。

割安になることがある

印刷

神奈川の印刷業者にハガキ制作やフライヤー制作を依頼するのなら、各業者のサービス内容を調べてみましょう。業者によって割安になることもあります。また、評判のいい業者を知るためには、口コミ情報が参考になります。

製本は業者へ頼もう

本

小説や漫画などを掲載させた本を作成したいのなら、家庭用の製本機を利用するのではなく、プロに頼んで業務用の製本機で作成してもらいましょう。家庭用とプロが使うものでは、完成時の見た目が全然違うものとなるため、売り上げを伸ばしたいなら業者に頼んだほうが良いです。