印刷方法や用紙にこだわる|チラシ印刷を工夫して印象に残る宣伝を

用途に応じて使い分けよう

葉書

何をPRしたいかが重要

圧着ハガキは、シールのように剥がして中身を見るよう加工されたはがきのことです。一般的には外からは中身が見えないため、クレジットカードの支払い通知など、個人情報を取り扱う金融機関が使用しているのをよく見かけます。ですが、この圧着ハガキは、情報の保護だけでなく、1枚もののハガキと比べると、倍以上の情報量を記載することが可能なため、ダイレクトメールとして多く利用されています。圧着ハガキをダイレクトメールで使用する場合、何を伝えたいか、どんなPRを行いたいかによって、種類を使い分けることができます。圧着ハガキは折り方によって種類が分けられ、主に3種類が挙げられます。一つ目は、もっともスタンダードなV型です。二つ折りにされた状態で、一番よく見かけるタイプです。見開きで使用できるため、キャンペーンや会員向けサービスのお知らせなど、様々な目的で使われます。二つ目は、表と裏の両方が剥がせる三つ折りのZ型です。このタイプはハガキ3枚分の面積があるため、かなりの情報量を記載することが可能です。地図を入れる必要がある会場の案内や、切り離すとクーポン券として利用できるお得なサービスの案内など、V型では入りきらない情報量を取り扱えるメリットがあります。また、このタイプはコンビニでの支払い用紙にも使われています。三つ目は、片側を内側に織り込む三つ折りのL型またはC型です。このタイプは返信用はがきを送るときに使われることが多く、通常の返信用はがきよりも、はがき1枚分の面積が多いことから、詳細な案内を相手に伝えることが出来ます。このように、圧着ハガキは用途に応じて使い分けることが出来るため、印刷を依頼する場合は事前にどんな目的で使いたいかをはっきりさせておきましょう。